12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
    2013-06-05 (Wed)
    昨年まで 鉢でオベリスクにぐるぐる巻きになっていたオノリーヌ ドゥ ブラバンですが、
    今年は 青フェンスにゆったりと誘引してみました。
    解放されて気分がよろしかったのでしょうか、たくさん花が咲きました♪





           DSC02253_convert_20130605122141.jpg

           DSC02318_convert_20130605122450.jpg

           DSC02342_convert_20130605122343.jpg

           DSC02343_convert_20130605123039.jpg

    我が家の古くなった外壁を隠す。。という大役も果たしてくれているオノリーヌ ドゥ ブラバン。
    先述のバタースコッチと同様、またしても実は・・の事情があるのです
    このブログの中でも すでにカミングアウト?(笑)していますが、
    バフビューティーの品種違いでやってきたバラなのです。

    当初、ストライプのバラというのはかなり困惑しました。
    私には未知のエリアだったもので・・。
    でも、ラズベリーのような香りも良いし、部屋に飾れば見栄えがするしで、すぐに魅了されました。








           DSC02323_convert_20130605122425.jpg

           DSC02380_convert_20130605122222.jpg

           DSC02316_convert_20130605122609.jpg

    青いフェンスとの相性も良いみたい♪
    左からアリスタ ステラ グレイ。
    真ん中の花が無い部分はセリーヌ フォレスティエ 。
    右はオノリーヌドゥブラバン。

    両脇の御二方はすこぶる快調なのに、なぜ真ん中のセリーヌだけが沈黙してしまったのでしょーか
    まったく同じに植えたはずなのにね。

    熱望していたバラほどうまくいかない。。
    たまたま縁があってやってきたバラほど良く仕上がる。。

    ちょっとコレ名言っぽい^^







           DSC02317_convert_20130605122542.jpg

    それにしても・・
    ちょっとずつ時間を変えて、アングルも違うように撮ったつもりでしたが、
    ほとんどみな同じような写真になってしまいました。
    それは・・、狭い庭での立ち位置は限られていて ソコでしか構えることが出来ないからでしょう。






           DSC02336_convert_20130605122753.jpg

           DSC02337_convert_20130605122646.jpg

    もう葉っぱが見えないほど満開御礼のポールズ ヒマラヤン ムスク。
    人気者なんだけど、ちょっと飽きてきたかな~。
    どうしよう。










           
    関連記事
    スポンサーサイト
    | オノリーヌ・ドゥ・ブラバン | COM(0) | | TB(0) | |
    コメント







    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。