12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2012-05-28 (Mon)
    やっとわが家のバラも咲きだしました
    1番のりは私の大好きなバラ、ラボンダンスでした♪


           DSC01222_convert_20120528105005.jpg


           DSC01230_convert_20120528105231.jpg

    かわいいなぁ~。
    もう、これしか言えない。。
    おばかな私は言葉を知らないもんだから
    かわいい、キレイ、これしか言えないのだわさ。



           DSC01232_convert_20120528130653.jpg

    全体はこんなです。
    ハモグリガのせいで葉っぱが汚い・・



           DSC01224_convert_20120528105033.jpg

    ツボミがいっぱい♪
    まだまだ楽しめそう


    かわいい以外の言葉で、どうお伝えしたらよいのやら。。

    私のようなものがグルメリポートしたら、
    美味し~いとしか言えないんでしょーねぇ。



           DSC01226_convert_20120528105122.jpg

    お次はたぶんこのかた。
    クラウン プリンセス マルガリータかな








    スポンサーサイト
    | ラボンダンス | COM(6) | | TB(0) | |
    2012-05-24 (Thu)
    ・・・・。
    やっぱり私はカタカナを克服出来ないのね・・

    何気なく見つけてしまいました

    19日に「カタカナの名前」という記事を書きましたが、
    アルケミラモリスという名が、アルミケラモリスとなっていまして。。
    (今は訂正してありますが・・)
    ここは絶対間違っちゃいけないところだからと、ちゃんと確認したはずなのにー。

    こんなアホな私が本当にイヤ。。



    気を付けていたはずが、
    実はツメが甘いってのは私の場合すべてにおいて当てはまるみたいo( _ _ )o
    この葉っぱを見てくださいませ。


             DSC01216_convert_20120524170413.jpg

    ナニコレーーー!!
    葉っぱがこんなのだらけ~。
    毎朝、病気になっていないか 虫はいないかと見回っていたはずなのにー。
    何を毎朝チェックしていたのか私はーー!!




            DSC01220_convert_20120524170544.jpg
     
    あっちもこっちもみんなこんなことになってるのー



    これはハモグリバエの仕業?
    まだまだ広がるのかしら・・

    一応、オルトラン粒剤をまいてみましたが、効果あるのかもわからない。。

    あーあ。やっぱり私ってツメが甘いわ。。






    | つぶやき | COM(2) | | TB(0) | |
    2012-05-23 (Wed)
    これは昨日のわが家の玄関の様子です
    このヘンな張り紙は、
    大切にしている鉢植えのバラの蕾と葉っぱを守るための措置であります。 
           DSC01207_convert_20120523083431.jpg

    昨日の朝は強風が吹き荒れていて、
    バラの蕾がぶんぶんと振り回されておりました。
    これはいかんと大慌てで
    ウッドデッキから風の影響が少ない玄関前に鉢を移動させました。

    昨日は私のほうが先に出勤だったので、
    これはほぼオットあての張り紙です




           DSC01214_convert_20120523083853.jpg

    今朝、無事にウッドデッキに戻ったラボンダンス。
    ちょっと葉っぱが傷んでしまったけどツボミが吹っ飛ばなくてヨカッタ




           DSC01212_convert_20120523083545.jpg

    小学生だった息子たちにもらったクレマチスが咲いてました♪
    毎年このクレマチスが咲きだすと次々にバラが開花し始めます。





           DSC01208_convert_20120523083517.jpg
    冬に強引にノコギリで小さくしたポールズヒマラヤンムスク。
    ホント、このくらいが調度イイなぁ。



    もう少し庭を眺めていたいけど、そろそろ出かける支度をしないと。。









    | ラボンダンス | COM(2) | | TB(0) | |
    2012-05-19 (Sat)
    バラと宿根草の庭にあこがれて、昨年植え付けた苗が今年はもりもりと。

           DSC01200_convert_20120519115233.jpg

    カタカナに弱い私が根性で覚えた宿根草の名前。。

    えっと~~。

    ネぺタ シックスヒルズ ジャイアント
    ペンステモン ハスカーレッド
    リシマキア ファイヤークラッカー

    このあたりを覚えるのは難易度高し


    アルケミラモリス
    ラムズイヤー
    ニゲラ
    ローマンカモミール

    このあたりはまあまあ大丈夫♪


    ラムズイヤーって触ると気持ちイイ。
    子羊のお耳を触るとこんななのかな~



    そして。
    感動しまくりのバラ、ギスレーヌ ドゥ フェリゴンドは・・
    (この名前もやっと記憶いたしました。インプット完了!)

           DSC01193_convert_20120519115135.jpg
    咲きたてはこうで。



           DSC01203_convert_20120519115318.jpg
    二日たつとこう。

    これもわるくないけど、もう少しオレンジを楽しみたいところです。
    オレンジかむばーっく!




           DSC01206_convert_20120519115351.jpg
    オノエマンテマ

    小さいお花も今年は充実してきました。
    ひたすらじーっと一点の地面を見つめ、
    ちょっとするとまた別の地面をじーっと見つめ・・、

    自分でもちょっと変なヒトの気分。。( ̄Д ̄;;








            
           
    | ギスレーヌ ドゥ フェリゴンド | COM(0) | | TB(0) | |
    2012-05-16 (Wed)
    新苗で迎えたギスレーヌ ドゥ フェリゴンドのお花を咲かせてしまいました。
    蕾付きで送られてきたし、ここの苗やさんのホームページを見ると
    新苗でもお花咲かせてもよし!ってなっているので
    咲かせちゃいました。

           DSC01190_convert_20120514234738.jpg


           DSC01191_convert_20120514234805.jpg

    いや~ん。
    予想以上の可愛さです♪
    迎えた4品種のなかで3番手くらいの気持ちで迎えましたが、
    これは1、2番手を追い抜きそうな勢いで可愛い~❤



           DSC01192_convert_20120514234831.jpg


           DSC01196_convert_20120514234903.jpg

    翌朝はこう。 
    ・・もっと可愛くなってるしー。
    咲きたてのオレンジと1日たったアプリコットのお花。

    このギスレーヌさん、本によって四季咲きだったり一季咲きだったり。
    どっちなんだろう~っと思っていたけど、
    どうやら返り咲きくらいみたい。
    このかわゆさなら一季咲きでもユルせちゃうのに
    返り咲いてくれるのか~~

    ノイバラの血が濃い品種らしいけど、
    いや~、う~ん、そうは見えないなぁ・・
    ひと枝でまるで花束のような華やかさですもーん。

    でもノイバラが強い品種ならすぐに大きく育ってくれるかな。。
    うしし




           DSC01174_convert_20120511233336.jpg

    小さいお花達も今まっさかり。
    「サギゴケ」
    今年はかなり増えました。



           DSC01177_convert_20120511233407.jpg
         
    「都忘れ」
    夏は西日ガンガンの場所なので
    枯らしてしまわぬよう気を付けなくちゃ。

    この2種はお隣どうし。
    ちょっと和テイストのコーナーです。



    西日ガンガンと言えば・・
    シャラの木を枯らしてしまいました。
    今年はまったく芽吹かない。

    西日ガンガンの場所は向いてなかったよね~。
    この場所にはどーしても花木を植えたいのだけど、
    西日に強くて可愛いお花が咲く花木ってなんだろなー。






    | ギスレーヌ ドゥ フェリゴンド | COM(12) | | TB(0) | |